インターンブログ クラフトビール Uncategorized

ムンケボー、新たな土地・新たな設備で再出発!!

こんにちは、ニモです。今日は、ムンケボーブルワリーが最近引っ越しをしたため報告させていただきます。

・ムンケボーの引っ越し

実はムンケボーブルワリー、デンマークで第二の都市であるオーデンセに先月引っ越しをしました。

ムンケボーブルワリーの位置を以下のコードでで埋め込んでほしいです

そして、なんと、ブルーパブとして新たな一歩を踏み出します!!

オーデンセ駅からも歩いて15分ほどで港のすぐそばという素晴らしいロケーションにあります。

ブルーパブの目の前に広がる港

ムンケボーのすぐ隣にはおいしいレストランもあるため、ムンケボーで買ったビールをそのままレストランに持ち込むことも可能ですし、ブルーパブの前で港の景色を見ながらビールをまったりと楽しむことも可能です。

・新しい売り方と新たな設備の導入

実際ブルーパブがオープンになるのはまだ先になりそうですが、現在、毎週金曜日に下写真のようなムンケボーのロゴが入ったガロン瓶を用いてビールの量り売りを行っています!

ビール好きの方にはたまらない売り方ですね!

量り売りするガロン瓶

さて、そんなムンケボーブルワリーですが、引っ越しに伴って新たな設備も投入しました。まずはこちら。

数百年前に使用されていたミル

これ何かわかりますか?ブルワーの方ならピンとくると思います。そうです、ミルです!

麦芽を粉砕するための機械ですね。ビール醸造で必ず必要な機械です。しかし、このミルとても古そうです。実は数百年も前に使われていたものだそう…。ビールづくりにこだわるクラウスは、酵母だけでなくビールを作る装置も人一倍こだわります!ただ、修理しないと使えないようです。修理頑張って、クラウス!

続いてはこちら。

スコットランドで使われていたウイスキーバレル

70年前までスコットランドで使用されていたウイスキーの樽です。ウイスキーの樽にビールを漬け込むことでウイスキー樽の風味を持つビールを作りたいとクラウスは考えています。クラウスのオリジナルのビールとバレルの風味がどのように融合するか非常に楽しみです!

最後に

今回、ムンケボーの引っ越しの報告と新しい(いや逆に古い?)設備の紹介をさせていただきました。どんどんと新しいことに挑戦するムンケボーブルワリーから目が離せませんね。ここからムンケボーブルワリーの新しい歴史が始まります。

最後まで読んでいただきありがとうございました!

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。